TOP > ひとりきりじゃ出遭うことの無い奇跡。
 ← 二周目。 | TOP | こっそりいろいろと。

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --.--.-- (--) --:-- ] | [ スポンサー広告 ] | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ひとりきりじゃ出遭うことの無い奇跡。 

2006年03月01日 ()
 描いて迷いながらも
 描き足して色づくキャンバス
 めぐる季節も同じ道を歩く気がしてた ずっと



日付はあっさり変わりましたが宣言通りバトン消化いってみたいと思います。
[なりきりペアバトン]。キャラ指定は双子。
でわ、続きを読むからドゾ♪

──────────────
[なりきりペアバトン]

このバトンも2本目ですね。
さてと。お姫、貴龍は起きてる?
姫「起きてる……と思う」
と思う?
姫「うん、一応目は開いてるから起きてると思う」
半分寝てるってことですか。ほらお兄ちゃんいい加減起きなさい。
貴「………起きてる(眠そう)」
おやホントに起きてたよ。……珍しい。
さて、起きてるうちにちゃっちゃと済ませてしまいましょうか。

1.二人の関係は?
姫「兄妹ーv」
貴「……双子」
姫「他にも兄様が二人居るの」
貴「……俺は認めない」
姫「えー?くぅ兄様もカズ兄様も優しくていいヒトだよ?」
貴「俺はお前が居れば他はいい」
姫「……みんな一緒のほうが楽しいと思うけどなー」
貴「……お前だけでいい」
はいはい。ホントにお姫一筋だね、このお兄ちゃんは…。
さて、次の質問。

2.相手はどんな人?
姫「優しくて頼りになる素敵な兄v」
貴「/////(照れてる)」
おぉ。ベタ褒めだね。
姫「だってホントの事だもの」
はいはい。アナタもお兄ちゃん大好きだもんねー。
えーと、そこで幸せに浸ってるお兄ちゃん。お姫の印象を一言お願いしたいんですが?
貴「///…!?あ?…………何?」
だからね、お姫の印象ー。
貴「可愛いに決まってるだろう(キッパリ)」
わー。言い切ったよこのヒト。
さて気を取り直して次の質問。

3.相手のどういうところが好き?または嫌い?
貴「嫌いな所なんて在るわけ無いだろう?」
はいはい。もう解ってます。ホントに妹バカなんだから……。
姫「私も兄様の事は大好きだよ?」
貴「//////!!!!(悦)」
おぉ。直球だねお姫。
姫「だって、こう言っておけばしばらくは上の空状態だから何やっても邪魔されないで済むじゃない?」
……ち、知能犯!?(笑)
姫「たまには誰にも邪魔されないで二人っきりになりたい時ってあるじゃない?」
あー……[誰と?]とかいう解りきった事は聞きません(笑)。のろけ話は他でお願いします。
姫「でもねー大好きなのはホントに事だからねー兄様v」
あぁ……折角お姫が愛の告白してくれたのに貴龍には聞こえてませんね、勿体無い。
心ここにあらず、ですから。
とりあえず次行ってみよう。
貴龍、戻っておいでー!!

4.普段相手といる時どういうことをする?
姫「兄様は寝てる事が多よね?」
貴「(戻ってきた)……とりあえず寝る、な」
姫「だからね一緒にいても殆ど会話無いの。でもね、それでも兄様が何考えてるかとか解るの。何でかな?」
貴「……心が繋がってるから解り合える」
姫「そ、だねv」
貴「(頷く)」
えーと……バカップルに見えてきた(汗)。二人は兄妹二人は兄妹!!(自己暗示)
次、次~。

5.相手と戦える?本気で闘ったらどっちが勝ちそうですか?
姫「無理無理無理無理絶対無理!!」
貴「本気で闘り合ったら間違いなく世界崩壊するな……」
姫「そうじゃないでしょう?兄様と闘うなんて嫌なのー!!」
貴「……もし万が一そんなことになったとしても負けてやるから安心しろ(大真面目)」
姫「だからね、そういう問題じゃないの!!兄様とは闘えないって言ってるの」
貴「……一度闘っただろう?」
姫「アレは私じゃないもん!!……私だけど私じゃない違うヒト!!」
貴「……そうだったか?」
そこ。さりげなくネタバレはやめなさい。
貴「してない」(無言の圧力)
………今回はそういうことにしておきましょう(負けた)
えーと。気を取り直して次の質問。

6.もし相手の性別が逆だったら、どんな関係になっていそう?
姫「うーん?姉様ってこと?あんまり変わんない気がする」
貴「…………妹がいい(ぼそり)」
………さりげなく主張しましたねこのお兄さん。

7.もし相手が突然いなくなったらどうします?
姫「兄様何も言わずに居なくなっちゃ嫌だよ?」
貴「それはそのまま返す。お前のほうだろよく居なくなるのは?」
姫「……そうかもしれない」
貴「何があっても捜し出すからな?」
姫「じゃぁ、兄様が見つけてくれるの待ってる」
貴「……だから居なくなるなって……」
姫「でも兄様、いつも思うんだけど。すぐ解るよね私の居る場所?」
貴「なんとなく解る」
姫「やっぱり双子だからかな?こういうとき双子って便利だよね?」
貴「繋がってるからな」
さて、次で最後です。

8.バトンを回したい二人組みを指定してください。
姫「………」
貴「………」
どうしましたお二人さん?
姫「アンカーでいいんじゃない?」
………そんな哀れむような目で見ないで下さい。
貴龍もそこで頷くな!!(泣)

ま、まぁ一通り回っているみたいなのでここで止めてもいいかなーと。
お持ち帰りはご自由にv

こっそりミズナミさん宅のポチさんとラウラちゃんが見てみたいとか言って見たり(苦笑)。
……こっそりこっそり。


……貴龍がちゃんと喋ってる!!(驚愕)
お姫が一緒だといつもの倍くらい口数が増えるのですヨ。
ツッコミはお気軽に(笑)


[ 2006.03.01 (Wed) 02:14 ] | [ バトン系 ] | Trackback(-) | ツッコミ (0)
↑TOPへ


 ← 二周目。 | TOP | こっそりいろいろと。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 二周目。 | TOP | こっそりいろいろと。

Profile

Category

Link

Keepout

Et cetera

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。