TOP > キラリ☆星になる。
 ← 桃の節句。 | TOP | 二周目。

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --.--.-- (--) --:-- ] | [ スポンサー広告 ] | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 キラリ☆星になる。 

2006年03月03日 ()

 錆びることのない心の剣を翳して
 立ち込める闇を彷徨い
 夢にまでみた景色に辿り着いた
 
 守るべきもの抱え切れなくて 瞳を伏せた夜明け
 挫けそうな時僕を照らす 君のその笑顔


久々にゲームやってて泣きそうになりました。
……あーゆー展開に激弱なのヨ、自分(涙)。

それは置いといて。
ミズナミさん宅から帰ってきた[なりきりペアバトン]は続きを読むからゴー♪


──────────────
[なりきりペアバトン]

第3弾行ってみよー♪
ご指名はお姫とちっさい保護者ですね。
珀「ちっさいとか言うな」
じゃぁおチビさん?
珀「質問ボイコットさせてもらおうか?」
おや。作者に喧嘩売りますか?いくら貴方が最強の龍神サマといってももここでは私が最高神デスヨ。[ペンは剣よりも強し]デス。どうなるか解ってますよね?
珀「そんな脅しには……」
出番削るより恐ろしいことが待ってるかもしれませんよ?(笑)
珀「……………(汗)」
姫「えーと……そろそろいいかな~?勝手に先進めちゃうよ?」
はいはい。彼おちょくるのはこの辺にして先進めましょうね。

1.二人の関係は?
姫「えーと…保護者?」
珀「守護者、ですよ姫。護る者と護られる者と言うのが我々の関係では?」
姫「でも保護者のほうがしっくりくると思うんだけど……」
珀「何故です?」
姫「なんかね、態度が父様に似てきてるの」
珀「は?」
姫「特に陽炎に対しての態度とかそっくりよ?気付いてないだろうけど」
珀「そんな事は……無いと……」(思い当たる節があったらしい)
姫「ね?」
珀帝は保護者さんということで(笑)。次~。

2.相手はどんな人?
姫「外見で判断しちゃいけないって言ういい見本」
珀「……えー…それはどういった意味でしょうか?」
姫「そのままの意味だけど?子供の姿してるけどホントは最長老じゃない?」
珀「それはそうですがもっと他に言いようが……(ちょっと不服)」
姫「それはいいから私の事は?」
珀「は!?///えーと…真っ直ぐな方ですよね?」
姫「……なんで疑問系なの?」
珀「いえ…いい意味でも悪い意味でもなので……」
姫「?」
珀「真っ直ぐなのは良いことですが、出来ればあまり心配をかけさせないで下さいね」
姫「うん。解ってる」
……保護者だ。間違いなく彼保護者デスヨー!!(笑)
気を取り直して次の質問。

3.相手のどういうところが好き?または嫌い?
珀「嫌いなら守護者として契約なんてしませんよ」
姫「私も嫌いなところはあんまり見当たらないなー?」

4.普段相手といる時どういうことをする?
姫「普段?別に変わったこととかしないよねー?」
珀「そうですね」
姫「それに必ず他にも誰か一緒に居るよね?賑やかでいいけど」
珀「ヒトにもよりますけどね」
姫「もー……そーゆーとこ父様そっくりだよ?」
珀「似てません!!」(不服らしい)

5.相手と戦える?本気で闘ったらどっちが勝ちそうですか?
姫「一度だけ闘ったよね?」
珀「えぇ。惨敗しましたよ?本気ではない姫に惨敗しましたが何か?」
姫「……根に持ってるんだ。本気じゃなかったから」
珀「別にそういうわけでは……ただ負けるなんて初めての事でしたからね」
姫「そっか。でもねー珀帝は十分強いよ?私が別格なだけ」
珀「……さりげなく自慢してません?」
姫「してませんv」
お姫は別格なんです。そうゆう事にしといてください。
さて次の質問です。

6.もし相手の性別が逆だったら、どんな関係になっていそう?
姫「珀帝が女の子ー?か…可愛いよきっと!!今でも十分可愛いけど」
珀「は!?」
姫「私が男だったらどうなってたかなー?根本的な能力からして変わっちゃうけど」
珀「………ひ…姫がいいです……」
さりげなくこのヒトも主張しましたよ。次行ってみましょうか。

7.もし相手が突然いなくなったらどうします?
珀「捜しますよ。何があっても見つけ出しますから」
姫「じゃぁ見つけてくれるの待ってるね」
珀「……待ってないで帰ってきてくださいよ」
頑張れ保護者!!さて最後の質問です。

8.バトンを回したい二人組みを指定してください。
珀「…………」
姫「…………」
………スイマセン。視線が痛いデス。
姫「もう何も言わない」
……アンカーでお願いしますッ(泣)

お持ち帰りはご自由にドゾ~♪


お姫とペアだとさりげなく遊ばれてる感のある珀帝デス。
他の相手だと倣岸不遜なのにお姫の前では借りてきた猫状態。
お姫最強伝説がここに誕生(笑)。


[ 2006.03.03 (Fri) 03:23 ] | [ バトン系 ] | Trackback(-) | ツッコミ (0)
↑TOPへ


 ← 桃の節句。 | TOP | 二周目。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 桃の節句。 | TOP | 二周目。

Profile

Category

Link

Keepout

Et cetera

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。