TOP > 仰ぎ見た赤い月が嘲笑おうとも。
 ← 閉ざされた記憶の中の傷が音も無く心に触れる時は。 | TOP | 変わらぬ様に祈り続ける誓いの言葉。

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --.--.-- (--) --:-- ] | [ スポンサー広告 ] | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 仰ぎ見た赤い月が嘲笑おうとも。 

2006年11月10日 ()
明日を乗り切れば三連休!!

日曜日は旦那がどこぞへ連れ出してくれるそうなのでよいのですが残りの2日をどう乗り切ろう・・・。
お暇な方いらっしゃいましたら適度につついてやって下さいませとかこっそりお誘いかけてみたり。


・・・・・・どっちか暇してないかなぁ荻野ン?(ピンポイントでお誘いかけてみる)
昨日の裏トーク熱が未だに冷め切らないんだよ!(危険)


相変わらず蒼色強化中ですヨ!
・・・・・・とか云いつつ銀色塗ってたりするんですがー(あれ?)

ま・・・まぁあの子は蒼髪一族に関係無いとも言い切れないので別にいいかー?(いいのか?)


[ 2006.11.10 (Fri) 23:21 ] | [ diary ] | トラバ (0) | ツッコミ (0)
↑TOPへ


 ← 閉ざされた記憶の中の傷が音も無く心に触れる時は。 | TOP | 変わらぬ様に祈り続ける誓いの言葉。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kujyou.blog21.fc2.com/tb.php/251-cfe70d17
 ← 閉ざされた記憶の中の傷が音も無く心に触れる時は。 | TOP | 変わらぬ様に祈り続ける誓いの言葉。

Profile

Category

Link

Keepout

Et cetera

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。